バンコク  ホテル The Davis


バンコクはホテルを選ぶのが楽しい街だ。ホテルの数がとても多いし、超高級からゲストハウスまで幅広くそろっていて、旅の気分や懐具合に合わせて選べる。安いホテルでもそれなりの趣のあるホテルにあたることも多い。

インターネットのホテル予約サイトをみると東南アジアの都市ではバンコクのホテルが一番多くリストに載っている。バンコクはかなり広い街だから、東京駅付近とか新宿エリアというように、いくつかのエリアごとに分けて載せている予約サイトも多い。ただ、バンコクにある程度の土地勘がないと、そのエリアがその町でどのような位置なのかわからないから、目をつぶって適当に予約するとかなり不便な場所のホテルにあたるリスクもある。

一般的な便利さということならスクンビット周辺がいい。スクンビットはバンコクの中心を東西に貫く幹線道路で、その上をBTSというモノレールが走っている。バンコクは大渋滞都市だから、タクシーでの移動よりBTSで動くほうが自由に移動できるメリットがある。BTSは、とくに目的もなくぶらぶら街を歩くのにとても便利で、ショッピングセンター、飲み屋街、日本レストランなどが集中するエリアをカバーしている。その気になれば観光スポットではない街のハズレにも行くことができる。チャオプラヤ川にも延びていて
そこから水上タクシーに乗り換えるのにも都合がいい。

さて、泊まったホテルは The Davisというホテル。数年前に開業した。そのころ一度泊まったから二回目である。部屋数が多くどちらかというとグランドホテルに近いが
部屋はとても広い。奥行きがかなり深くて、ソファースペースとベッドルームが短いパーティションで仕切られている。スイートルームに近い設計だ。高級感はそれほどないがデザインはアシアンコンテンポラリーでデザインホテルのカテゴリーにいれてもおかしくない雰囲気がある。

スクンビットのソイ24の奥あってBTSプロンポン駅から少し歩かなければならない。15分くらいか。この道の両側に色々な店があって15分位歩いても飽きることはない。部屋やサービスのレベルを考えると値段はとてもリーズナブルだと思う。100ドル前後。このホテルからそれほど離れてもいないSheratonGrandSkunvitになると、値段は一挙に倍になる。部屋はシェラトンのほうがむしろ狭い。BTSの駅からやや遠いといことと名前が知られていない分、値段がリーズナブルになっているのだろう。

30代、40代のスタイリッシュな感じの女性がビジネスか休暇で一人で泊まるのが絵になるホテルだ。

by フェリックス 2007年4月

 

 

 

HOME