ブラジルの銀行 1


オレがブラジルで仕事をはじめた時、当然のことながらまず銀行口座を開設した。

仕事の相棒にどこの銀行がいいかと聞くと、ブラジルNO1の支店数を誇る「ブラジル銀行−Banco do Brazil」とか他にも大手の銀行がいくつかあるという。支店数が多く便利との説明だった。

当時ポルトガル語がよくしゃべれなかったオレは、相棒に連れられてゴイアニアのセントロ(繁華街)とよばれる街の中心にいったのだった。そこには銀行がひしめいているという。まず、ブラジル銀行へ行ったのだがそこでオレはいきなり驚いてしまった。とにかく長蛇の列。支払いも受け取りも長蛇の列だ。

相棒に

「いつもこんな調子なのか?」

と聞くと

「そうだ、いつもこうだ」

「でも口座開設は直接マネージャーに話をするからスムースにいくかもしれない」

ということだった。

口座開設担当のマネージャーの所へ行くと、そこには小さなデスクがあってすでに人が座っている。こちらが声をかけても

「待っていろ」

というだけで座るところもない。イスは遠方にあるのだが、相棒は、そこに座って待っていると別の客がきてしまうのでこの辺でウロウロしているしかないという。散々待たされた後、やっとマネージャーと話ができた。きわめて事務的な対応で、これにナニナニを記入しろ、そして持って来いということだった。

ウ〜〜ン、これがブラジルの銀行の対応か、客扱いではないなー。さらにオレは暗い未来に気がついた。
もし口座を開設したとして、今度行くときは、支払いや引き出しや入金のためでに行くのだ。つまりあの長蛇の列に毎回並ばなくてはならないことになるー

オレは相棒にそれを確認した。

「相棒、これからは毎回あの長蛇の列にならばなくてはならないのか」

「もちろんだ、朝一番できたら少しはマシかもしれないが、毎日こんな感じだ。オレの印象では今日列は短めだ」

そのあとオレは相棒に別の銀行を見せてくれと頼んだ。ここもまったく同じ。そのあとも政府系銀行とか州立系銀行とかいろいろみせてもらった。どこもほぼ同じ。長蛇の列、感じのよくないマネージャー、客層もいかにもブラジルの庶民といった感じ。だまって順番を待っている彼らの表情はなんというかそこはかとなく暗くて

「皆で黙って痔の痛みをこらえている」

といった印象をオレは持ってしまった。

銀行ツアーを終えて事務所の帰途に着く車中で、オレは相棒に聞いた。

「ブラジルの銀行って全国どこでもこうなのか、感じの悪いマネージャー、長蛇の列、一時間待ちあたり前、そうなのか??」

「そうだ、多分」

「これでは経済が停滞してしまうではないか!」

「そのとおりだ。だから停滞している」

「仕事の支払いが何軒もの銀行にまたがったらどうするんだ!」

「一日中銀行マワリだ、それで一日が終わる」

「むむーーーー」

オレにはわかっていた、こういうことにオレは絶対に耐えられないのだ。

そういうことにはオレは慣れる事ができない。

ブラジルだろうがチベットだろうがウガンダだろうがコレだけはダメだ。

オレは車のなかで必死でオプションを考えていた。ブラジルの銀行だけにはオレは絶対に行きたくない、行けない、いや行ってはならないー。

走馬灯のようにオプションがオレの頭のなかを駆け巡った。

−誰かやとって支払いとかはヤラセルことにするか−

−でも信用できるやつでないと、日本のようにはいくまい−

−でもオレ個人の支払いはどうするか−

などなど。

やがてオレは考えるのを止め、フト車を運転している相棒に言った。

「ブラジルの金持ち連中もよくコレに耐えられるなー」

するとそれまで無表情に車を運転していた相棒が驚いた表情で私に言ったのだ。

「金持ちが一時間も待つわけネエだろ!ヤツラの銀行は全然別だっ」

驚いたのは俺のほうだ。

「ナニナニ、お前はどこも同じと言ったではないか!」

相棒はもう無表情に戻っている。

「それはな、俺たちの世界では同じということだ、ブルジョアは別世界だ。俺たちには関係ないオマエにも関係ない」

「ううーーーー」

「ここはなブラジルなんだ、そんなブルジョア相手の銀行に行っても相手にされないぜッ」

オレは言い放ってやった

「うるさい、その銀行はどこにあるんだ、どこに」

「それはな、セントロにはない、静かな住宅地にある」

それから数日間、オレは相棒以外の友人や知人に聞き込み調査を行った。ブルジョア系銀行についてだ。
そしてわかったことがあった。ブラジルで普通に「口座」というのは日本の当座預金口座に近いもので小切手がでる。つまり信用供与を伴うわけだ。日本の普通預金口座に相当するものは「コンタポパンサ」といい、別にある。これは誰でも即開設できる。でも信用供与つまり小切手帳をともなったブラジルで言う「口座」
は審査が厳しい。残金がなくても平気でバンバン不渡り小切手をきるヤツが多いブラジルの実情にあわせているのだ。加えてブラジルが階級社会であるように、銀行も完全に階級社会になっているのだった。

オレは私的な調査からゴイアニアのBESTは、B銀行とS銀行F銀行の三行という事実を掴んだ。どれも外資っだった。みな高級住宅地に隣接して支店を構えている。オレにその銀行の名前を教えてくれた友人から聞いていた。

「そういう銀行に口座を開くのは簡単ではない、相当のカネを最初から入れるか、あとは既に口座を持っている友人の紹介が必要だ、フリでいっても相手にされない」

カネもコネもないオレは条件的にはまったく不利だった。ただオレには

「絶対に列には並ばない」「横柄なマネージャーとは口を訊きたくない」

という強い意思があった。そのためにはどうしてもブルジョア系銀行に口座を開かなければならない。

オレは考えた。どうやってブルジョア銀行に口座開設を納得させるか。オレの考えた作戦は

「オレが日本人であること」
「オレがゴマくらいの大きさでも会社のオーナーであること」
「紹介状はなくとも照会状はつくれること」
「これを利用する。あとはハッタリ」

しばらくしてオレは、当時もっともハードルが高いと聞いていたS銀行に乗り込んだ。

by フェリックス 2006年6月

 

 

 

HOME