コスプレ in ゴイアニア


日本人の友人のTさんに「ゴイアニアでCOSPLAYのイベントがある」と聞いて早速出かけてみた。

COSPLAYは南米ではブラジルとアルゼンチンがリードしているらしい。
サンパウロでは中南米最大のCOSPLAY大会が開かれるともー

コスプレが、ここ中西部のカントリーシティ、ゴイアニアでもはやっているとは知らなかった。場所は閑静な住宅街の奥にある一角、一人10ヘアル(600円)の入場料を払って中に入ると、コスプレグッズの屋台が並んでいる。日本のアニメの原作漫画とかそれのポルトガル語バージョンだとか、T−シャツだとか、日本のチマチマしたお菓子とかー

Tさんの店もあってそこは特に人だかりがしていて人気があった。
短冊に切った紙に真正日本人のTさんが、コスプレファンにカタカナで頼まれるままに
名前を墨で書いてあげているーこれで1ヘアル。

すごいんだな、日本の文化浸透力も。

会場ははコスプレ好きの二十歳前後の男女でいっぱいー
写真を何枚か撮らしてもらった。
ブラジル人は顔が小さくて手足が長くスタイルがいいので、コスプレは元祖日本より似合うと思うがどうだろう。

実はオレも、最近コスプレに惹かれている。その種の傾向をもっているのを自覚しはじめている−ヤバイ。
ベルサイユ風の部屋とかVersillesの音楽やプロモビデオを大好きだ。
自分でやるというよりもPROMOTIONをしてみたい。
10月にあるという大きなイベントがあると聞いた。
これも取材しようーー

by  フェリックス 2008年6月

 

 

 

HOME