今井弁護士に聞く!


最近、日本国内でも「移住」とかっていうのが流行っていると聞いたけれど、ここを読んでいるあなた、ブラジル人配偶者がいるわけでもなくっても「ブラジルに移住っていいだろうな〜」って考えたことありません?

今回は、そんな、配偶者がブラジル人でもなんでもない普通の日本人がブラジルに移住できるのか?という謎にせまってみようと思う。まぁ、ブラジルの片田舎に住んでいるわたしには、到底そんな知識はない訳で。。。どうやって情報を得たかというと、運良くここゴイアニアに週末だけ住んでいる今井弁護士に尋ねてみた。

今井弁護士って誰??????って思う方も多いはず(わたしも?!)ということで、ブラジル日系新聞にたまたま記事があったので、ここ「クリック」♪

で、もうお分かりでしょう。ブラジルに住む日本人で一番詳しそうな人〜〜〜〜 勲章付き。。。みたいな(キラ〜〜〜ン)こんな方が近くにいるなんてラッキー☆

ということで、さっそくある日曜日の午前中にわたし、フェリックスさん、チロブラジルさんで今井さん宅を訪問。実はフェリックスさん&チロブラジルさんは、今井さんと懇意だった。というか、今井さんってとってもフレンドリー。小泉総理ともシェイクハンズした手でわたしとも握手♪

前置きはこれくらいにして、肝心の日本人というか外国人がブラジルに移住するための条件は

1、起業移住
2、年金移住
3、スペシャリスト移住

他にもいろいろとあるけれど、上記3つが考えられる方法とか。

まず、「起業移住」

これは、ブラジルで会社を設立して移住する場合。会社であればなんでもいい訳ではなく「生産的」な業種でなければならない。つまり、商社のように右から左にただ既成のものを流すだけではダメ。なんか作るとかサービスを提供するとかそういう必要がある。

とはいえ、数年前まではその「資金」は、20万ドル以上だったのが5万ドルに引き下げられたところがポイント。2300万円なんて大金はなくっても560万円くらいだったら夢のまた夢ではない。まぁ、もちろん諸費用はそれと別途にかかるだろうが、夢の実現のための投資としては意外に安いと感じる人も多いかも。あなただったら、どういう会社を起業します????夢見るのは「ただ」!どんどん夢を膨らませながらお金を貯めよ〜〜〜〜〜

次、「年金移住」

これは、月額2千ドルの年金を受け取ることのできる外国人年金者を対象としている。現在のレートだと月23万円くらい?う〜〜〜〜ん、普通の薄給サラリーマンだとムリだけど、団塊の世代の企業年金なんかもらえる方だったらこれくらいあるか。退職後は、ブラジルの田舎の方でカウボーイになってみる。。。こんなのもステキかも〜〜〜〜 それにしても、ブラジルで月に2千ドルもあった日には、貯金もできる。。。みたいな。。。(笑)

最後に、「スペシャリスト移住」

これは、何かしらの特殊な技能とか技術を持っている人で、ブラジルに受け入れ企業のある人。。。アメリカだったら「寿司職人」だけど、ブラジルは企業が受け入れないといけないしなぁ〜。ちょっとムリがあるかも。。。だって、そんなスペシャリストを抱え込めるような企業が少ない。。。

とはいえ、「同じ穴のムジナを増やす会」会長としては(←なんじゃこりゃ)日本人がブラジルに増えるとなんかうれしい(爆)みなさんの移住ドシドシお待ちしています!!!!!

by あっこちゃん 2006年7月

 

 

 

HOME