BrazilxBrasil

BrazilxBrasil
3万アクセス記念特別企画「
ザ・国際結婚

− 誰も知らなかった国際結婚 −
今だから本音を語る
 

 

 


後編


大変お待たせ致しました。後半では果たして国際結婚への光は見えてくるのか?

オブザーバーの厳しい発言が3人を刺す!


フィリックス どうですか?そらみさん。
最近、日本の都市部では結婚するカップルの10に1カップルは国際結婚という現象を?
 
そらみ 最近の日本人女性にとって、外国人と結婚するっていうのは、一種のファッションみたいな感じになっているんだと思うんですけど。。。
 
あっこちゃん わたしの国際結婚をしている友人達の中で密かに「定説」となっているのは。。。
「夫を人間として見るから腹が立つ。ペットだと思うとカワイイもんだ。」っていうのがあるんですがね。わたしも腹が立つとそう思うことにしてます(笑)
 
男性陣 ヒデーーーーーーーー!!!!!(爆)
 
そらみ ブランド物の洋服を着るとか、バッグを持つとかっていうのと外国人の彼や旦那がいるって言うのは、同じ感覚なんですよ。一種のブームというのもあるんじゃないですか?
 
フェリックス

それは、裏を返せば、日本人男性にブランド力がないって言うことですね。
ちょっと聞き捨てならないな〜
 

全員 爆爆爆
 
そらみ

髪の色が違うとか、目の色が違うとか、告白の仕方が違うとかが外国人男性であって、日本人男性が劣るとか言うのではなくて、日本人と違うっていうところにステータスがあるんですよ。

わたしが皆さんにお伺いしたいは、異文化の人と結婚するっていうときに、躊躇しなかったのかってことです。

付き合っているときは、考えなかったかもしれませんが、私なんかは度胸もないし、外国人と結婚するなんてありえないんですけど。。。
 

さる君 かなり躊躇しましたよ。
 
そらみ

相手が外国人って言うことで、いい思いをしていることもあると思うんですよね。日本人にないものを持っている。 甘い生活とか????????(キャッ♪)

それを乗り越えてまで結婚したっていうところ、メリットっていうかはなんだったのかなって。
 
フェリックス そらみさんの疑問点を解明すべく。。。。(笑)
ヒカルドン部員、躊躇はなかったですか?
 
ヒカルドン 躊躇はなかったですね。そういうことは考えなかったです。短期とは思ってなかったんですけど、かなり自信があったという感じでしたね。ただ、やっぱり乗り越えられなかった。。。
 
そらみ でも、何かありますよね。甘い生活とか?面白かったとか?
 
ヒカルドン

基本的に楽天家っていうのは、救われるっていうのはありますよね。

現実と希望(理想)のズレっていう問題ですから、楽しければいいやっていう生活に耐えられるだけの精神力が私には、なかったっていうことですね。
 

そらみ でも??????
 
フェリックス

いや、この人にはないんですよ(笑)
サルさんは、どうですか?躊躇、そして決断について?
 

さる君 躊躇は、かなりしました。結局は、さびしかったんでしょうね。。。
 
フェリックス それは、本音っぽいね。
 
さる君 本音だと思いますよ。誰でも良かったっていうことじゃないんだけど。。。
 
フェリックス 男の人は、割とそういう人が多いと思うんですけど。
商社マンなんか、海外に駐在に行くからって、見合いを何回かしてスパッと決めますからね。
 
ヒカルドン そうですね。一人で家の中にいると、頭がおかしくなってくるんですよね(寂)
 
さる君 特にブラジルは、周りがにぎやかですからね。人前でもあっけらかんとイチャイチャしてるし、自分だけ一人で小さなアパートに帰って来て、じーっとしていると。。。。
 
あっこちゃん わたしだったらホッとする(笑)
 
さる君

そういう時もあるんですけど、人恋しくなる。あの当時、僕は人恋しかったですね。。。誰でも良かったっていうわけじゃないんですよ。バカ者たちもいっぱい、周りにいましたからね。ある程度自分の異文化をわかってくれて、話ができるって。。。
 

フェリックス そういうときに優しくされると男なんか一コロだよな。
 
男性陣 ぃやー、一コロですね〜〜〜
 
さる君 男は、結局弱いんですよ。
 
そらみ 女のほうが弱いですよ!!!
 
フェリックス

いやー、女の人の方が強いっていうイメージがあるんですけど(笑)
あっこちゃんは、どうですか? 躊躇は?
 

あっこちゃん 躊躇はなかったですよ。
女の人の方が、意外に一途なんですよ(笑)

例えば、サイトの関係でよくブラジル人と付き合ってたり結婚してる女性から相談を受けるんですけど、「そりゃ、絶対騙されてるよ」ってわたしがどんなに言っても全然聞く耳持たない人多いですよ〜。

完全に相手を信じちゃうっていうか「愛は盲目」状態ですよね。「大丈夫、彼は大丈夫って」自分自身に言い聞かせてる感じですかね。。。

日本社会の中で「愛してるよ」とか「きれいだね」とか「素晴らしい女性だ」とかって言われたことがないもんだから、そういうことをいってくれる男性を悪く思いたくないというか、彼らの生まれ育った文化を知らないでその言葉をそのまま日本文化に持ってきちゃマズイでしょ〜〜〜〜
 

フェリックス そらみさん、どうですか?国際結婚、今の座談会聞いて。国際結婚してもいいな、とか、やっぱり日本人男性がいいな、とか?
 
そらみ

国籍は関係ないんですけれど、日本にしか住めないんで。日本で住むんだったら、多分、外国人男性のほうが優しくしてくれそうな気はするんですけどね(笑)
 

あっこちゃん へぇ〜〜〜〜(笑)
 
フェリックス ムカつく発言ですね(笑)
 
そらみ

日本人は、愛情表現が下手だと思うんですけど、お二人の話を聞いていると、「あうん」の呼吸がとても大事そうなので。。。でも、両親なんかを見ていると、「言わなくてもわかっているだろう。」「いや、わからない。」っていうことが、非常に多いんですね。まぁ、私は、連れ合いを持った事がないからわからないんですけど。。。

外国人男性の場合は、口に出していってくれそうな気がするんで、そういう点ではいいかなと。。。
 
フェリックス なるほどね。
 
さる君 口で言うっていうのは、ある程度習慣になってくるんですね。じつは、こもってないの感情が。
 
そらみ そうなんですか?シルビオさん???
 
シルビオ 人によるけどね(笑)
 
フェリックス

シルビオさんは、どう思いました?今の座談会を聞いて。
シルビオさんは微妙な立場ですよね。100%日本人の血であり、日本も知っていて、奥さんもいわゆるブラジル人ではなくて、日系の人と結婚されている。でも、日本人じゃないという立場なんですけれど。
今のこの日本人の言いたい放題の座談会を聞いていて、どういう感想をお持ちになりましたか?
 

シルビオ まず、一番はですね、相性がないとどういう結婚でも持ちませんから。
 
フェリックス なるほど、外国人だろうと日本人だろうと。
 
シルビオ そう、それがまず一番。それが、ただ、寂しいから結婚しちゃったとかだと、間違いなくダメになる可能性が高い。付き合って、後で相性が出てくるだろうって言うのは、大間違い。
 
さる君 それなりに相性は合ったんだよなぁ。一応。
 
フェリックス シルビオは、別にさる君のことを批判しているんじゃないんですよ。
 
シルビオ

いやいや、例えばの話ね。それは、まず、一番だと思いますよ。まあ、お金がなかったら、一生懸命一緒にやろうっていう気持ちがね。日本でやるかとかブラジルでやるかとかじゃなくてね。

いま、一緒に仕事しているんだけど、例えば、会社がダメになったとかね、そうしたら、日本じゃなくアルゼンチンとかね、どこでも行きますよ。もちろん、奥さんも一緒に行きますよ。文句は言わない。
 
フェリックス 奥さんもね。
 
シルビオ そう、それが一番大事なこと。それが、相性ってことだと思う。
 
フェリックス 相性ですね〜
 
あっこちゃん 意外に「行かない」って言われたりして(笑)
 
フェリックス

なんか変なチャチャ入ってますけど(笑)
なるほど、わかりました。

さて、アマゾンタッチでは、これからも色々な座談会をやって見たいと思ってます。

ブラジルで会った「我が忘れえぬ女たち」「我が忘れえぬ男たち」とか、まぁ、ブラジルに限らずでもいいんですが、他のブログではやらないような企画をやって行きたいですね〜。
 

さる君 最後に一言!
俺が思うにね、国際結婚してね、こんなに真剣に悩むのは、絶対、日本人だけ!! 相手は、そこまで真剣にならないの!
 
あっこちゃん そうそう!(爆)
 
さる君 相手はそこまで真剣になって思ってない!男も女も関係なくて、自分たちの文化、生まれ育った文化がそうなんでで、「考え込んじゃう文化」なんだよね。それが、最近悟りを開いた原因っていうか。。。。(笑)
 
ヒカルドン アラビアのロレンスっていうか。。。。。
 
フェリックス 隣の人(ヒカルドン)は、そういうことはあんまり悩んだ節は。。。
 
全員 爆爆爆
 
さる君 いや、この人は、特別!(爆)
 
ヒカルドン アラビア人にはなりきれなかったんです。。。ロレンスは。。。フフフ
 
あっこちゃん

アメリカに日本人向けのフリーペーパーがあるんですけど。アメリカ人と国際結婚している人の相談コーナーがあって、コメンテーター曰く、「日本人は自分を責める」「何か問題が発生したら自分のせいだと思っちゃう」らしいですよ。

それをやめましょう。「自分が悪いんじゃない!」
 

フェリックス 相手が悪い。
 
あっこちゃん そう、そこから入れって。
絶対的に自分を責めるっていうのが、精神をおかしくする。
 
フェリックス あっこさんも自分を責められるっていうことは、あるの?
 
あっこちゃん 責めないですね。 アハハハハ
ま、でも、一応私も日本だから(笑)
 
ヒカルドン あと、もう一つは、自分のオリジンはどこにあるのかって言うのをしっかり持ってないと、国際結婚するときに難しいです。日本人なら、日本人。 外国人と結婚しても、俺は日本人っていうのをしっかり持っていれば、ある程度いいんじゃないかな。それを中途半端にブラジル人になりたいとか、アメリカ人になりたいとか思うと、絶対ダメですね。
 
フェリックス 私、司会者として次の案が浮かびました。今回は、皆さんの個人の体験を話してもらったんですけど、色々な友達がいる。いろんな国際結婚を見てきている。今度は「我々が見た他人の国際結婚」、これを覆面でやってみたいと思います。これは、言いたい放題。アマゾンタッチ得意の本音に迫る!

どうぞ、皆さん、期待して下さいね〜〜〜〜〜

   
 

国際結婚のススメ三ヶ条

一、自分が日本人だということに誇りを持て!

二、自分を責める前に相手を責めろ!

三、ラテンの言うことは話十分の一だけ聞いとけ!

【おまけ】 背に腹は代えられない