Doce de Leite ドーセジレイチ


ブラジルの人たちが、大好きなデザート(?)の紹介です。「ドーセ ディ レイチ(甘いミルク菓子)」といいます。 私にはちょっと甘すぎるのですが、とにかく人気があります。そのままでも、色々なお菓子と組み合わせても食べられているものです。

今回は、不思議な作り方を習いましたので、それをご紹介します。

用意するもの:コンデンスミルク(缶詰)できれば、少し大きめのもの
圧力鍋、水 これだけです。

圧力鍋にコンデンスミルクの缶詰を入れ、かぶるくらいの水を加えたら、ふたをして火にかけ、おもりが回り始めてから40分ほど煮ます。

十分に冷やして出来上がり!!

えっ、これだけ!って感じですよね。
しかも缶詰を圧力鍋で煮るなんて、ちょっと怖いような気もしますが。。。。。

味は???? かなり甘めのピーナツバターのような色が不思議なドーセ。ポルトガル語で「ドーセ」とは、甘いもののことをさします。

一度、ブラジルの味を試してみてください。強烈な甘さを味わえます。

ご注意!! 缶は十分に冷やしてから開けてください。熱いと中身が噴出すことがありますので!!

by チロブラジル 2006年8月

【おまけ by あっこちゃん】

実は、わたしはこの「ドーセジレイチ」の作り方は、イギリスのお菓子のレシピ「キャラメルクリーム」で知っていた。イギリスではあんまり圧力鍋を使わないから、普通のお鍋でことこと2時間かけて缶詰を煮る。イギリスの場合はパイのフィリングに使うことが多いようだ。(←それもすごいと思うが。。。)

で、アメリカに住んでた頃、ふと思い出してこれを作ると、
ブラ男「わ〜〜〜〜!!!ドーセジレイチだぁ!!!」と大喜びで食べたのでした(笑)

ブラジルでは、「ドーセジレイチ」にココナッツフレークを混ぜたものや、パパイヤを甘く煮たもののフレークを混ぜたのをよく売っていて、もちろん人気だ。で、みんな大きなスプーンに山盛りすくってうれしそうに食べる。もしも、すすめられた場合は、お断りするのもつれないが、取り敢えずティースプーンに半盛りくらいで許してもらおう!

ちなみに、ドーセデレイチを嫌いだというブラジル人を未だかつて見たことがない。

 

 

 

HOME