基本編    ご飯 アホィス Arroz


ブラジルの主食は、意外にも米である。ブラジルのご飯のことを日系ブラジル人は「油飯」と呼ぶけれど、確かにその名のごとくブラジルのご飯は「油」と「塩」がきいていればいるほど美味しく感じる。

あるブラジル人がわたしに向かって「日本人は圧力鍋でお米を調理するって聞いたことがあるよ」とちょっと小ばかにしていった事があった。日本の米を知らないブラジル人にどう説明したところで全くイメージすることはできないから「日本の米はブラジルの米とは違うんだ」と答えるとわかったようなわからないような顔をした。

ずいぶん前に日本で「米不足」が発生して「タイ米」が「マズイ」と散々いわれていたが、つまりは、同じカテゴリーではあっても、チワワとドーベルマンくらい違うものを同じ調理方法で作ったらそりゃぁマズイはずである。ブラジルの米も日本風に炊くと最悪のポロポロボソボソご飯になってしまう。けれど、ブラジルの料理方法で調理すると、これがなかなかフェイジョンと合って美味しいんですよ〜。  by あっこちゃん

【材料】

お米(できれば、ブラジル米) 1カップ
にんにく 1/2片
玉ネギ  1/8個(好みで)
油     適量
塩 少々

@ にんにく、玉ネギをみじん切りにし、油を鍋に入れて一緒に炒める。

A @に洗った米を加え、透き通るまでよく炒める。

B お湯を沸かす。

C お湯をAに加えて強火で煮る。 このとき蓋をしない。

ポイント:日本風に蓋をして弱火で炊いてしまうと米が一粒ずつパラパラにならずベッチョリとしてしまう。

D お湯が少なくなってきたら弱火にし、蓋をして少し蒸らすようにする。

見た目の決め手は、いかにパラパラで油で照かっているか。

by チロブラジル 2006年7月

 

 

 

HOME