ボリーニャ Bolinha


ボリーニャの意味は「小さいボール」である。ブラジルでボリーニャと言えば、大きく意訳すると酒のつまみである。と思ってもらって差し支えない。

日本でいう所の、肉団子。高級風に言えばミートボールかな?ただ、ブラジルのすべてのボーリーニャは肉団子でなく 、芋を衣にした芋ボールであったり、コロッケ風であったりする事もある。

ブラジル各地で、その土地土地にあったボリーニャがあるから、地方で注文するときが楽しい。見た目は、まさにボール。たこ焼きに似ている。

ところで、「たこ焼き」と言えば、私のソウルフードである。私は「たこ焼き」を愛している。魂の食い物である。 「たこ焼き」もボールなので、ブラジルではボリーニョになる。残念ながら、ブラジル人のBARで「たこ焼き」に出会うことは出来ないのが残念ではある。 だが、海老入りのボリーニャに出会ったことはある。

「たこ焼き」も各店により味が異なるように、ブラジルのボリーニャも店の思想により味が変わる。美味しい店では、 「店の威信にかけて魂を注ぎ込んでいる」としか思えないような美味しい店もある。逆に当然まずい店も多くあり、それゆえに美味しい店を見つけたときの喜びは格別に値する。

ブラジルでは、ボリーニャごときをソウルフード呼ばわりする風習はないが、ブラジルの飲み屋で夜ごと給仕されているボリーニャは 、どれもビールとの相性が最高にいい。

もし、あなたがブラジルに来るようなことがあり、BARでつまみを注文することに困ったとき、すかさず 「ボリーニャ」と大声で注文しよう。満足の一品に合えること請け合いである。

by ヒカルドン 2006年6月

 

 

 

HOME