ゴイアニア市のシュラスカリア 高級編


某月某日、ゴイアニア市のシュラスカリアに行った。
お気に入りのガソリンスタンド併設の「中西部最強のシュラスカリア」と思っているところではなくて、アパートの近くにあるこの町では一流といわれるシュラスカリアだ。日曜日のランチ時、ブラジルは昼食が正餐だからシュラスカリアに限らずレストランは日曜のランチがもっとも賑わう。教会に行った後の家族が集まって食事をするというのも多いのだろうと想像する。

Lancaster Grillというレストランだ。だだ広くて300人くらい入れるのではないか?
クルマで玄関につけると鍵を渡すだけのバレットパーキング。中央にサラダやつけ合わせ、デザート、寿司などが取り放題で置いてある。50−60種類か、いやもっとあるかもしれない。80種類くらい?アイスクリームだけで10種類以上あった。これもとり放題で選ぶとギャルソネッチとよばれる女性がすくってくれる。

肉は串にさして次から次にもってくる。すごい早いインターバルで持ってくるので、会話をしている暇がない。ありとあらゆる種類の肉をパーツごとにもってくる。肉以外にも エビ入りまぜゴハンとか、バナナの揚げたのとか、本当に次から次へといろんなモノを持ってくる。雪崩のような豪華さだ。

あっという間におなかがいっぱいになり、すぐ食べられなくなったー
でもデザートは別腹だ。だから、デザートのコーナーに向かう。これもアイスクリームをいれると30種類くらいあって、選ぶのに迷ってしまう。それほどおいしいわけではないのが残念。今日は、いろんな色のゼリーが入っているババロアとラムレーズンのアイスクリームを食べた。



支払いをすませ、玄関に廻されてくる車に乗り込み約一時間でシュラスカリアを出た。支払い 2人で86ヘアル、一人約2900円。これを高いと見るか、安いと見るかー
私の感覚では 今 ”世界で一番安くオイシイものが食べられる都市東京” と比べてもこのシュラスコだけは ”安い” のではないかと思う。

味=これは普通、とくに文句はない。
でもゴイアニアの出口のそばにあるガソリンポスト併設のシュラスコの方が
話にならないほどおいしいのであった。

結論 −−− シュラスコはガソリンスタンが一番オイシイ(今のところ) −−−−

by フェリックス 2007年7月

 

 

 

HOME