シュラスコ VS オージービーフ


ゴイアニアにオーストラリアステーキハウスと称する 「Outback」 とういう名前のステーキレストランが最近Openした。

シュラスコのおいしさと豪快さではブラジルでトップを争うわがゴイアニアに、オージビーフ殴りこみか!

ということで早速ワイフと二人でいってみた。
入ってみると普通のファミリーレストラン。
一時日本にもたくさんあった ステーキハウス フォルクスに似ている。

オーダーしたのは 225Gテンダーロインステーキ 、スペアリブ、サラダ一皿、生ビール、オレンジジュース、これにパンが付いてくる。オーダーしてからかなり時間がかかる。シュラスコならもうとっくに食べ終わるころ、やっと皿が運ばれてきた。

正直言おうー
とにかくまずいーまるっきりダメダメ
サラダは塩辛くて半分しか食べられない。
スペアリブはたとえば同じ感じの東京は半蔵門のTONY ROMAに比べ数段劣る。
ソースは塩辛いしベッタリしているし、肝心のリブもモッサリ。
ステーキも味に全く特徴なし。

ワイフとふたりで一挙に白けた。
シュラスコとはヘビー級とフライ級くらいのさがある。
第一ラウンドKOで シュラスコの勝ち !!!!!

ところでこの値段何? 二人で 6000円 一人 3000円
えっ? どうして?という値段に最後はトドメを刺された。
超物価の高い今のブラジルでもこれはいくらなんでもーというかんじ。
東京なら2000円もかからないー
それなのにこのレストランは金持ち連中で一杯。
シュラスコに比べればまるっきり話にならないのにー
まぁ 超高度成長期を迎えているブラジルならではの現象でしょう。

はたして シュラスコを超える肉料理はあるのだろうかー
Tボーンステーキ(NY)か? それともプライムリブ(モントリオール)か、すき焼きか(東京)ー朝鮮焼肉(ソウル)か ローストビーフ(ロンドン)か?

いずれ対決の時は来るだろうーかならずーーーー 

by フェリックス 2008年5月

 

 

 

HOME