サッカー編   名前


ブラジルで日本ともっとも違うと感じたのが、人々の「名前」である。

もちろん、英語名とはまったく違う響きもそうだけれど、なんたって長いのだ。ジュゲムジュゲムの世界である。

例えば、甘いフェイスですっかり日本人女性を虜にした「カカ KAKA」の本名は、「Ricardo Izecson Dos Santos Leite ヒカルド イゼッソン ドスサントス レイチ」だ。何も知らない日本人が見ると、「どれが名前でどれが姓???」しかも「カカってどっから来てるの???」と不思議でならない。

気になる名前は「ヒカルド イゼクソン」で、苗字が「ドスサントス レイチ」である。

なんでこういう名前になるかというと、ブラジル人は同じ名前の人であふれている。もし、人ごみの中で

「マリア!!!」

と呼ぶと何十人ものマリアが振り向くだろう。ファミリアの中でもそうだ。だから、区別をつけるために「マリア ホザ」とか「アナ マリア」とかとふたつの名前を持つことになる。名前に関しては、ブラジル人みんなが二つ持っているわけではなく、もちろん一つだけの人も多い。

さて、苗字になるとたいていの人は二つ持っている。ブラジル人は結婚すると、自分の持っている苗字の一つを残して二つ目を結婚相手の苗字に変える。そして、生まれた子供は、両親の苗字を一つずつもらうという変な?習慣がある。だから、夫婦で苗字が違うし、兄弟でも親子でも苗字が組み合わせで違っている。ファミリアの集まりで

「あら、あなたの苗字はなんだったかしら?」

っていうのも普通の会話である。

そして、ブラジルで面白いなぁと思うのは名前とニックネームがごっちゃになって、正式な呼び名もニックネームだったりすることだ。ちなみに「カカ」は、カカの幼い弟がうまく「ヒカルド」と呼べずに「ヒカルド」の「カ」の部分を重ねて「カカー」と呼んだのが由縁だとか。

ニックネームには、あるルールみたいなものがある。

例えば、今回のワールドカップで結構目立った出っ歯の「ホナウジーニョ・ガウショ」。

「ホナウジーニョ」は「ホナウド」とごっちゃにならないように付けられたニックネームである。つまり、彼の名前も「ホナウド」だ。で、なんで「ジーニョ」???と思う方も多いと思うけれど、ブラジルでは小さいものに対して「○ーニョ」とつける習慣がある。わたしの住むゴイアニアでは、なんでもかんでもジーニョ名で呼ばれる(笑)コーヒーだって「カフェジーニョ」だ。

「ジュニーニョ」は、「ジュニア」。「ロビーニョ」は、「ロビン」。

そうそう、「ホナウジーニョ・ガウショ」の「ガウショ」部分も彼のニックネームで彼の出身地、リオグランデドスール出身者のニックネームから来ている。日本で福岡出身の人が「福岡!」とか呼ばれるようなものだが、ブラジルは出身地がそのまんまその人の呼び名になることがよくある。

「カリオカ」は、リオデジャネイロ、「パウリスタ」はサンパウロ出身者のニックネームだ。

そういえば、たまたま行ったバーのガルソンの名札に「ジャポン」と書いてあった。彼は全然日系人ではなかったけれど、多分、背が小さいからそういう風に呼ばれてたんだろう。。。

by あっこちゃん 2006年7月

 

 

 

HOME