クラブ編   FUNK RIO ファンキカリオカ


ここを読んでいる方々は、ブラジルに詳しい方が多いと思われるから聞いたことのある人も多いと思うけれど、最近ブラジル全土を旋風中の「ファンク カリオカ」について書いてみようと思う。

もともとは、名前のごとく「リオデジャネイロのファベーラ地区」の「Baile(パーティ)」で、貧民たちに好まれて踊られていた「エロい動きのダンス」である(笑) 最近は、ヒット曲も続々と出てきてブラジル全土へとすっかり広まってしまった。

遠い昔、なんかのコマーシャルでブラジルの「ランバダ」の動きを見て、子供ながらに恥ずかしくなったのを覚えているが、この「ファンキ」の動きときたら、踊ってるだけで妊娠しそうである(爆)

 

男も女も腰をくっつけてブンブンダンス「Dança do Trenzinho(電車ごっこ?)」である。 ブラジル人は、なんかみんなで列を作って電車ごっこするのが好きである。。。どうも、わたしは、あの無邪気な?列に入る勇気というか踏ん切りというか同化ができない。。。残念である。。。(笑)

サンバの腰の動きをみたことのある人なら、どれくらいのスピードでブラジル人の腰が動くか想像できると思うが、初めて見る日本人は確実に顔を赤らめるに違いない。

ブラジル人のダンスを見ているときに、わたしはいつも小鳥を思い出す。。。ブラジル人の踊りは、単なる「ダンス」ではなく「求愛ダンス」の趣がある。。。 無邪気に可愛くダンスしていて相手がスキを見せると「パクリ」。。。みたいな。。。

それは置いといて。。。本場の「ファンクカリオカ」を体験したいというあなた。リオのファベーラへGO!

といいたいのは山々だけれど、物見遊山でデジカメもってリオのファベーラの 「Baile Funk」に外国人が身ひとつで進入して無事に帰れる訳もなく、普通のブラジル人でさえもガードマンつけて、ファベーラのボスに根回ししておかないと危険な世界。。。

たいていは、ファベーラの空き地みたいなところに仮設音響システムで開催。入場料は、R$1〜2という安さからも参加する人は貧民階級なのがうかがえる。

あられもない格好の若い女の子も多く、時におパンツをはいていない子もいたりして、一歩間違えればなんでもありの乱交状態?!

カリオカは、仲間意識が強く、よそ者は同じブラジル人であっても危険。目立つアジア顔なんてもってのほかの危険地帯である。

本場の「ファンキ ヒオ」は遠慮して、どっかの安全な「ファンク フェスタ」を探しましょうね!

ちなみに、最近流行った「FUNK」の曲。「Bola de Fogo」
訳は恥ずかし過ぎてできませ〜〜〜ん(笑)

もっとファンキっぽい曲「MC Sabrina」 ポンポロボンボンボン♪
同じ歌でも男の人だとまた違った感じ「Mc Sapão
こんなのもある「Mc Colibri
ジャポネーザ ゴシュト〜ザァァァ????「Japonesa」うちのブラ男が見たら切れる。。。

by あっこちゃん 2006年6月

 

 

 

HOME