子供服


ブラジルの女性のファッションの特徴が、露出度が高く、体のラインにぴったりしたものが主流だということは、ここまで読んでこられた方にはもうすっかり理解できたと思われる。

さて、そのファッション感覚がいつごろからブラジルの女の子達に芽生えるのか???

例えば、わたしが子供の頃を振り返ると、小学生くらいまでは、親の選ぶ服を着用し、中学生くらいから親と一緒に服を選ぶようになったけれど、ブラジル人もこういう流れは同じように思える。ただ、大きく違うのは売っている子供服が日本とは全く違うのだ。

品揃えが子供服から既に、大人のミニチュアだから、その中からコーディネートするとそれは自然にセクシー系のファッションになる。だから、3つくらいの女の子のミニスカートが歩くのと一緒に「ヒラッヒラッ」とひらめいてドキリとさせられることもあったりする(笑)

上の写真は、日本でいえば「イトーヨーカドー」みたいな大型スーパーのチラシから拝借したものだけれど、小学生くらいの女の子向けのファッションである。真ん中のコーディネートは、ブラジルだとすごく地味な感じだ。どちらかというと学校の制服に近い。とはいえ、間違っても日本の子供服みたいな肩が落ちて胴回りがダボ付くデザインはありえない。肩部分から胸に掛けてフィットするのは、ブラジルの洋服の基本で、Tシャツに至ってもそうである。多分それが妙に少女を大人っぽくセクシーに見せる理由のように感じる。

それにしても、ブラジルの女の子は、生まれて3日もすると当然のように母親が赤ちゃんに金のピアスをつけ、金の細いチェーンのネックレスやブレスレットやアンクレットをつけて「女の子」ということを主張させる。だから、わたしの知り合いの日本人の娘達は、小学校に上がった時に周りのブラジル人の女の子に「なんで女の子なのにピアスしてないの?」と聞かれたりしたとか。。。

そういう、女性であるということを徹底的に主張する環境も手伝ってか、女の子のファッションは、早いうちから「セクシーな女性のミニチュア」のようになることを良しとするブラジル人の母親が多いように感じる。また、この国では美しく魅力的であればあるほど条件のいい結婚が可能となることから、娘を磨くことに情熱をそそぐ母親も多い。

うちが洋服屋をしていた時には、ティーンの娘を伴って買い物に来る母娘を多く見かけたけれど、洋服を試着した娘の姿を見る母親は、男性に娘がどれくらい魅力的に映るかを大重要ポイントにして洋服を一緒に選んでいる雰囲気があった。日本人の母親だったら「そんな恥ずかしい格好」とかいいそうなファッションにニッコリ笑って「彼氏を悩殺できるわね」なんて冗談を飛ばしたりするのもブラジル流なのかも(笑)

by あっこちゃん 2006年10月

 

 

 

HOME